フツウの まいにち
QMAやらSTGやらのことを書くブログでしたが、移転しました。今はQMAの問題晒しがメイン?
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天の16~18巻は神
さあ…漕ぎ出そう……!
いわゆる「まとも」から放たれた人生に…!

無論…気持ちは分かる…!
誰だって成功したい……!分かりやすい意味での成功…世間的な成功…!
金や地位 名声…権力 称賛…そういうものに憧れる…欲する…

けどよ……
ちょっと顧みれば分かる…
それは人生そのものじゃない…!
そういうものは全部…

飾り…!
人生の飾りに過ぎない…!


ただ…やる事…
その熱…行為そのものが…生きるって事……!

実ってヤツだ…!


分かるか…?
成功を目指すな……と言ってるんじゃない……!
その成否に囚われ…思い煩い…止まってしまうこと……熱を失ってしまうこと…これがまずい……!



いいじゃないか…!三流で…!


熱い三流なら上等よ…!まるで構わない…構わない話だ…
だから…


恐れるなっ…!



繰り返す…!

失敗を恐れるなっ……!




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(「天」18巻より)




いやー素晴らしい。1~15巻セットで売っていて16~18巻が無い理由が分かりました。
自殺となると大体止めようとして思いとどまるかそのまま何も言わずに(もしくはちょっと反論して)自殺するかの2択が多いんですけど、赤木はとにかく反論するという予想外の事態でした。こんな漫画そうそうないと思う。
福本氏曰く、「もっとコンパクトにしようと思ったが3冊になってしまった。蛇足」らしいですが、俺は削らなくて良かったと思います。確かに近代麻雀的には蛇足ですが、漫画としては素晴らしいです。
この感覚はARIAを見た時と同じような感じですね。今までの漫画にはない素晴らしさ。まあARIAとは内容がかなり違うというか対極ってくらい違いますが。



親に天の16~18巻を読ませたところ、1巻から読み直してしまいました。
俺は通夜編が素晴らしかったから読ませたのに、戻るとは…wだって親は麻雀知らないんですよ?w
親曰く、「天」じゃなくてよかったんじゃないか?だそうです。「天」なんて名字の人はまず見かけないし、「天」にしては最後の赤木が目立ちすぎだし、とのことですが、名字については漫画だからとしか言いようがないですねw
赤木が目立っているのは「アカギ」の効果もあるのでしょうか。18巻で浦辺と鷲巣が出てきたときはちょっと吹きましたw





16巻から18巻だけでも買うべきですよ。マジで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。